2011-11-30

ウィリアム・バトラー・イェイツ (William Butler Yeats 1865年6月13日ー1939年1月28日)

アイルランドの詩人、劇作家。イギリスの神秘主義秘密結社黄金の暁教団(The Hermetic Order of the Golden Dawn)のメンバー。


アイルランド国立図書館へ、イェイツの秘蔵お宝を覗いてきました。
なんて便利なの!
ネットサーフィン(←死語?)やめられんわ♫


The Life and Works of William Butler Yeats


http://www.nli.ie/yeats/main.html
入館したら左下の"interactives"をクリック
上から8番目の"The Hermetic Society of the Golden Dawn"をクリック
上から3段目の右端のノートをクリック。
右のノートをクリックするとページを選べる
左から5ページ目
"Golden Dawn Ritual Notebook"


Mary K. Greer's Tarot Blog
http://marygreer.wordpress.com/category/golden-dawn-tarot/
こちらで紹介してましたよぉ。

マーク トゥエイン生誕176周年記念

今日のGoogleトップホリデーロゴは
マーク トゥエイン生誕176周年を記念したイラスト


マーク・トウェイン(本名 サミュエル・ラングホーン・クレメンズ 1835-1910)は
人間や社会の偽善を風刺したジャーナリストであり
人間の自由を奪い去ろうとする暴虐行為と戦うためにユーモア駆使した小説家。
彼の名言・格言集は時代を越えて現代に訴えかける。
代表作に『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』など。

彼の名言・格言集から幾つかピックアップ

*「私がこれまで思い悩んだことのうち
98パーセントは取り越し苦労だった」

*「友だちにふさわしい役割とは
あなたが間違っているときに味方をしてくれること。
正しいときなら誰でも味方をしてくれるのだから」

*「10月。これは株に手を出すには特に危険な月だ。
そのほか危険な月は
7月と1月と9月と4月と11月と5月と3月と6月と2月と8月
それになんといっても12月だ」

*「多数派は常に間違っている。
自分が多数派にまわったと知ったら
それは必ず行いを改めるか、一息入れて反省する時だ」

*「人間はみな月だ。
誰にも見せたことのない暗い面を持っている」

*「自分を励ます最上の方法。
それは誰かを励まそうとすること」

*「48にもならぬのに世をはかなむ人間は、ものを知りすぎている。
48をすぎても楽天家だったら、そいつはものを知らなさすぎる」


今日のカードは
①聖杯の2
②五芒星のクイーン





















また昨日と同じ「聖杯の2」が出た。しつこいなぁ。
解釈が間違ってたのかな?

逆位置として解釈してみると
「精神的に退屈となり浪費に走り、愛が枯渇し離れる」となる。。。(恐


今日は正位置・逆位置の両方を感謝して受け止めることにしよう〜♥



そろそろ2012年のプランニングを!
Goddess Guidebook Journal for 2012!


Uploaded by  on Nov 29, 2011
I am in love with Goddess Leonie, can you tell? I'm so excited to go through my 2011 journal, reflect on the year, and plan out my 2012!

http://www.goddessguidebook.com

Welcome to GoddessGuidebook.com

2011-11-29

水星逆行中は慎重に

カードシャッフル中にジャンピングカード出没。
なので、今日のカードは3枚。
冬にかけて朝の寒さでジャンピングカードが出やすいかも。

風邪も良くなってきて、今朝は朝から本調子で動けてます。
精神エネルギーが回復して、明快な考えや合理的な決断ができるかも。

小アルカナなので大きな出来事があるわけではなく、日常的な範囲でのパートナーシップの調和がはかれそう。

でも、なぜ最後に剣の8?

調子に乗り、身動きが取れなく感じる暗示があり注意が必要。
水星逆行中だし、まだ新月の影響が残っているから慎重に物事を進めましょう。
風邪がぶり返しても困るしね。

皆さまも、どうぞ 良い1日をお送り下さい (^O^)/


ところで、
数週間前に夫が「勤続30年過ぎてるからまとまった休暇が取れるらしいんだけど、ヴェニスにでも行ってこようかなぁ」などと言っていた。

それで、「えぇ〜、ヴェニスだったら私も行きたい〜(イタリア製オリジナルタロットも豊富らしいし)」とは言ってはみたが、娘達を10日も放って家を空けるのも心配。

で、今朝から風邪の回復もあり機嫌良く「ヴェニスに行きたいなら行っておいでよぉ〜\(*^^*)」と伝えてしまった。

「ホントにいいのぉ?(^○^)」だって。

3年半の単身赴任中の1人旅がよほど楽しかったのかな?
それか、1人分のマイレージ残高しかないとかそういう理由だろう。
ま、夫が元気で楽しく過ごせるのは家族にとっても良いことだ。
その間、また気兼ねなしの女の楽園生活を満喫できるし。

元気に行ってこ〜い \(^o^)/

スマホからのupだと、画像を貼り付ける場所を選べないのかなぁ??
ちょっと不便。





2011-11-28

存在だけで社会貢献

① 五芒星のエース
② 聖杯のキング

②:他者に耳を傾ける謙虚な姿勢の継続により知識を増し、地域や国などの狭い領域を越えた理解力によって試練の荒波を乗り越える術を身につけている。
人情味豊かな指導者。

①:過去の経験と努力の蓄積を社会に役立てることを示すカード。

「聖杯のキング」の次に「五芒星のエース」を置いてみた(実際は、剣のスート&コートカードが間にくるけど)。
1つの過程を終了し、新たなるレベルの学びが始まったと解釈。

放射能災害を逃れて非難してきてたレオン君
一緒に寝たよね〜♥
DecoPicして継母に送ったら
お礼の電話がきて
久々にお喋りの時を過ごした
猫っておすまししてそこに居るだけなのに
ちゃ〜んと社会貢献してるね〜

2011-11-27

新月&日蝕には注意

長女に教えてもらったDecopicアプリでデコ。
初めてiPodからupしました。

① 杖の2
② 審判
① 「未来に対しての計画や目標を定めなさい」ということよね。
このカード最近 頻繁に登場する...耳が痛い。

② 前進するのは努力次第。限られた時間を大切にしなさい...

今日、耳日曜...風邪気味です...


京都から帰宅後、急激に風邪の症状が悪化。
名古屋駅へ、東京での合宿を終えた次女を迎えに行ったのがちょっと無茶だったかも。





その晩はビタミンCの大量投与と早寝で対処。





月曜日の朝になると、半月も経たないうちに生理がきていてビックリ。
前回は2ヶ月も遅れたのに。。。
半世紀近く生きてきたから、そろそろ更年期に突入しね。
仕方ない。。。などと考えていたら、You Tubeで
「新月&日蝕&水星逆行が重なっていた」と知る。
心構えしてなかったし、今回はもろに影響を受けたみたいです。

2011-11-26

Ma Deva Padma's TAO Oracle I Ching



Uploaded by  on Sep 7, 2010
A unique and colorful approach to the ancient wisdom of I Ching. Ma Deva Padma, creator of the Osho Zen Tarot, takes on a classic and offers it up for the 2ist century.
Originally published as a book and 64 card deck, it's third edition is due out 10/10 and will be available online at Amazon. The TAO Oracle has gone digital for iphone, ipad and ipod touch.

Terence McKenna (1946 - 2000) の Timewave Zero 関連動画を観ていて I Ching Tarotに興味を持ったのだけど、易は東洋占星術で西洋占星術のタロットカードと平行して学ぶのは時期尚早と社長に嗜められた。
まだしばらくは我慢しようか。

京都紅葉日帰り旅

今日は夫と紅葉を観に京都へ行ってました。
朝はバタバタして、今日のタロットカードは新幹線車中webで引きました。

①杖の2(逆位置)
②杖のクイーン
①:行き詰まり、葛藤あり。
自分に正直になり恐れず前進するしかない。外部からの助けがある暗示。

②:理想が高過ぎるため、寛容になれず批判的になりがち。
もう少しリラックスすると良い。

う〜ん、なんだかピンと来ない2枚。なんだったのだろう。。。

*************************

ところで、今日京都で撮った紅葉の写真をupしますね〜♫

哲学の道 道中
哲学の道 道中 2

銀閣寺
自然を主体とした禅寺は息を飲む美しさ
銀閣寺 石庭
銀閣寺を見下ろす
知恩院 友禅苑
知恩院 友禅苑 2
友禅苑 水面に映る青空ともみじの葉
知恩院
もみじが綺麗に色付いてます
水面に映るもみじと鯉
東福寺の紅葉は有名なだけあって最高だった
東福寺にて その2

東福寺 その3
東福寺 その4
東福寺にて その5
東福寺にて その6

京都の紅葉は来週あたりがピークでしょうか。
来年は休みを取って 平日の人出が少ない時にゆっくり来ようねと、帰路道中夫と話しました。

2011-11-25

正位置のみ採用

Universal Waite Tarot
ユニバーサル・ウェイト・タロット

枠を切り取ってしばらく使用してました。
その後、東急ハンズで購入したメタリック用紙に張りつけ
裏も好みのピンク&ヤントラ風お花柄のコピーを張りつけました。
絵が生えるし、豪華な感じ!

市販されているデッキの厚さの約2倍以上にもなるので
可愛いお手々の女性達には扱うのが大変かも。
私は手が大きいのですが、それでもちょっと大変(汗
(手相占いでは、小さい手=活動的、大きい手=精神的で内向的)

直接メタリック用紙にコピーできたら1番いいのですけどねぇ。


78枚中2枚共に大アルカナ!元気になるなぁ〜♫
世界に羽ばたこうとしている次女の存在が中心。
共にいる今を大切に、私も母親としての体験を楽しむ1日としたいです。

ところで、ここ最近は正位置のみで逆位置はとらない展開にしています。
カード同士の相互関係と自らの直観力をもっと重視するためです。
逆位置を採用する時よりも希望の持てるリーディングになり、多少「読みが甘い」感は否めませんが。
でも、ポジティブ>ネガティブ主義なので、これでいきます。

そもそも、黄金の騎士団(The Hermetic Order of the Golden Dawn)の秘儀に基づいて創造されたアーサー・エドワード・スミス氏(Arthur Edward Smith)のライダーウェイト・タロットデッキも、アレイスター・クラウリー(Aleister Clowley)のトート・タロットデッキも、正位置のみを使用する配慮で考案しています。
しかも、「個々人の全人格的な悟り(イニシエーション)」を目的とした教材として創造されたとのことなので、私も自分の理解が深まり納得のいくリーディングができるようになるまでは正位置のみを採用します。

良い1日を〜♥

2011-11-24

祝♥彼氏ができた♥

2011年11月24日 木曜日
① :杖の7   7 of Wands   
② :杖のナイト Knight of Wands 

2枚共に小アルカナなので、大きな出来事の暗示はない。
朝から杖のエネルギッシュさの恩恵が期待できそうで嬉しい。
①の逆境に打ち勝つ様子と、②の風で火を煽る勢いから
美容院で喋り過ぎに注意、また、高校の3者面談では次女の留学に向けての前向きな姿勢をアピール。共に、調子に乗り過ぎないように気を付けよう。

今日も良い1日に!

振り返れば、
美容院でも3者面談でも余計なお喋りが過ぎることなく
特に「逆境」と言えそうな出来事もない1日でした。


担当美容師さんに10ヶ月振りに彼氏ができたとのことで
良かった良かった〜♥
大変な面もありそうだけど、好きなら乗り越えられるでしょう


広げてみたタロットの結果はこちら。
MACALON TAROT
マカロンタロットは
可愛いイラストでタロットは怖いと感じている方々にもお勧め!
幸せ感が溢れそう〜♥
http://macalon.fantome.biz/

この2人は共に頑張りのきく働き者。
一緒に居ることで、お互いの頑張っている姿が励みとなり
運勢が上昇し、経済的には申し分ない相性。
女性側がマイペースになり過ぎると
いくら優しくて忍耐強い彼でもちょっとかわいそう。
彼の元妻&幼い息子さんの存在も
全てひっくるめて肯定的に受け入れることで
人もうらやむ幸福を築きあげられるでしょう。

時には難破しそうになる嵐の中でも大丈夫。
上手に舵取りをする事ができます。
彼の1人の空間と
彼女の現在の交友関係を
お互いに認めて歩める距離感覚を模索することが大切でしょう〜♥
とうとう本物と出逢ったのじゃないかなと思います〜♥♥♥


(四柱推命でみたら干合♥支合の関係だった!)。
来月また経過を聞くのが楽しみ。


次女は留学前のオリエンテーション合宿の準備中。
友達と温泉に出掛けている長女からのメールで
次女は、「彼氏ができたんじゃないの」と宣う。
出来ても、出来なくても、どちらも心配よ。

2011-11-23

TAROT Roots of Asia



















































http://taroteca.multiply.com/photos/album/292/Roots_Of_Asia


I consider myself:
A Tarot Student, A Tarot Enthusiast, A Deck Collector, A Tarot Teacher, A Tarot Author, A Deck Creator, A Tarot Professional
What is Your Favorite Deck(s)?
Osho Zen Tarot , Alchemical Tarot and Roots of Asia Tarot
Who is Your Favorite Tarot Author(s)?
Ma Deva Padma and Robert M. Place
Introduce yourself to the other Members and tell us a little about you:
I am the author of Roots of Asia Tarot . Thank you very much for your interesting in my deck. I have established Tarot Hermitage in my country, Thailand . Here , we practice insight meditation ,Tarot and Tai Chi . We do hope that we can help this world be better together as we are not alone . My very best wishes to all of you my Tarot comrade, my lovely Tarot families:)
Thaworn Boonyawan

勤労感謝の日

「タロットカードの解読力を高めるために
毎日継続してカードを引き、結果を就寝前に照らし合わせる。
これを3年日記などに記録してみては?」
と、昨日社長からアドバイスを頂いた。
手で文字を記すのが特に大切だとも。

確かに。。。

一目瞭然でインスピレーションが湧く写メも記録したいので
少々端折ってブログにupしようかな。

これまでは妹の「今日の3枚」をメールで送ってきたけど
「自分のカードを毎日選ぶのが先だよ」と。

ちょっと欲張って6枚も引いちゃいました。
今後、解釈がどのように変わるのかが楽しみ〜♫
2011 11 23 勤労感謝の日
① 塔:と来て、まず第一に思い浮かべるのは旧約聖書11章1節〜9節の「バベルの塔の物語」とブリューゲルの絵画。
このモチーフを元にフランスとドイツの国境にあるアルザス地方のストラスブルグに建設された欧州議会。
http://biblelight.net/Tower-of-Babel.htm


<聖書引用>
・日本語口語訳は、日本聖書協会発行の旧約初版(1955年版)
・英語訳は、アメリカ標準訳 American Standard Version(ASV)(1901年版)
を使用

(注:対訳ではない)http://bible.e-lesson1.com/

 11-1 And the whole earth was of one language and of one speech. 全地は同じ発音、同じ言葉であった。
 1-2 And it came to pass, as they journeyed east, that they found a plain in the land of Shinar; and they dwelt there. 時に人々は東に移り、シナルの地に平野を得て、そこに住んだ。
 11-3 And they said one to another, Come, let us make brick, and burn them thoroughly. And they had brick for stone, and slime had they for mortar. 彼らは互に言った、「さあ、れんがを造って、よく焼こう」。こうして彼らは石の代りに、れんがを得、しっくいの代りに、アスファルトを得た。
 11-4 And they said, Come, let us build us a city, and a tower, whose top may reach unto heaven, and let us make us a name; lest we be scattered abroad upon the face of the whole earth. 彼らはまた言った、「さあ、町と塔とを建てて、その頂を天に届かせよう。そしてわれわれは名を上げて、全地のおもてに散るのを免れよう」。
 11-5 And Jehovah came down to see the city and the tower, which the children of men builded. 時に主は下って、人の子たちの建てる町と塔とを見て、
 11-6 And Jehovah said, Behold, they are one people, and they have all one language; and this is what they begin to do: and now nothing will be withholden from them, which they purpose to do. 言われた、「民は一つで、みな同じ言葉である。彼らはすでにこの事をしはじめた。彼らがしようとする事は、もはや何事もとどめ得ないであろう。
 11-7 Come, let us go down, and there confound their language, that they may not understand one another’s speech. さあ、われわれは下って行って、そこで彼らの言葉を乱し、互に言葉が通じないようにしよう」。
 11-8 Jehovah scattered them abroad from thence upon the face of all the earth: and they left off building the city. こうして主が彼らをそこから全地のおもてに散らされたので、彼らは町を建てるのをやめた。
 11-9 Therefore was the name of it called Babel; because Jehovah did there confound the language of all the earth: and from thence did Jehovah scatter them abroad upon the face of all the earth. これによってその町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を乱されたからである。主はそこから彼らを全地のおもてに散らされた。

http://bible.e-lesson1.com/2genesis11.htm

このタロットカードの塔は教会、王冠は政治とすると、政教分離を象徴してる?

日本では差し詰め、創価学会&統一教会ほか枝葉の信仰宗教団体を隠れ蓑にして、裏から国を牛耳るユダヤ金融資本支配構造か?

人間のおごり高ぶりを戒め、謙虚さを知恵の衣のごとくまとい武装することを勧めているかのよう。

また、黙示録14章8節には
14-8And another, a second angel, followed, saying, Fallen, fallen is Babylon the great, that hath made all the nations to drink of the wine of the wrath of her fornication.また、ほかの第二の御使が、続いてきて言った、「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。その不品行に対する激しい怒りのぶどう酒を、あらゆる国民に飲ませた者」。
http://bible.e-lesson1.com/1revelation14.htm

古びたものはやがて破壊され、新しいものが築き上げられる。
更なる成長の一過程。


さて、この「大バビロン」が資本主義社会を示し、ニューヨーク市が象徴として常に取り上げられるわけだが、現在のウォール街占拠と欧州諸国に広がるデモ活動を連想させる。
インターネットを通じて人々がマスメディアの洗脳から解かれて真実に開眼し、広い層に大人気の経済アナリストMax Keiserが提唱した"Buy Silver, Crash JP Morgan!(銀を買いまくってJPモルガンを潰せ!)"から、"We are the 99%!"を合い言葉に立ち上がった。
1%のエリート達が何世代にも渡って計画している「崩壊劇」。
聖書他の古代神話が示す「太陽活動サイクル」に、私達は翻弄され続けるしかないのか??


Freemason's St. John The Divine Cathedral
http://vigilantcitizen.com/sinistersites/sinister-sites-st-john-the-divine-cathedral/

邪悪な場所 セント・ジョン大聖堂
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=973019


いかん!
タロット占いの領域から逸脱してしまった(汗
しかも、こんなに脱線していたら1日1枚がやっとだわ。

2011-11-15

The Alchemist Fulcanelli and the Hendaye Monument

Shifting Dimensions - Jay Weidner "2012 and the Cyclic Cross of Hendaye"

*2012 The Topolosy of Time
Hyperdimensional Space and the Unfolding of the Four Ages by Jay Waidner
http://www.jayweidner.com/2012Topology.html

*The Hendaye Monument Decoded  by Jay Weidner and Vincent Bridges
http://www.sangraal.com/AMET/hendaye.html




*Beyond 2012


21. Tarot; having realised that there are 22 Tarot "trumps", and 22 chapters in the book of Revelation, I looked up "trumps" in the dictionary, and found it means "trumpets of Armageddon"! This was a clear indication that the Tarot could be a key to Revelation.
The Tarot is represented on trump 10, the wheel of fortune, where TARO is spelled out on the wheel, which becomes ROTA as the wheel turns. So, the Tarot represents a cycle of time, or a circle, and the 4 creatures of the apocalypse occur on the wheel of fortune, which are conspicuous on 18/8/99 when the Grand Cross planetary alignment occurred in the signs of Taurus, Leo, Aquarius, and Scorpio, (sometimes symbolised by an eagle), one week after the solar eclipse.
Wheel of Fortune; The Tarot; Mouni Sadhu. C. 1962. George Allen & Unwin Ltd     Judgement; The Tarot; Mouni Sadhu. C. 1962 George Allen & Unwin Ltd      The World; The Tarot; Mouni Sadhu. C. 1962. Georege Allen & Unwin Ltd      The Fool; The Tarot; Mouni sadhu. C. 1962. George Allen & Unwin Ltd
Trump 10: Wheel of Fortune                 Trump 20: Judgement                           Trump 21:The World                       Trump 0/22: The Fool
Trump 20, Judgement, corresponds to chapter 20 (the Last Judgement); trump 21, the World, corresponds to chapter 21 (a New Heaven and a New Earth); the un-numbered trump 22/0, the Fool, corresponds to chapter 22  (beginning and end: alpha and omega).
                                            The 1999 Eclipse, a week before the Grand Cross. Millennium Prophecies. C. 1992. A. T. Mann      
Although this is the chart for 11/8/99, the solar eclipse of  1999,  we can see the planets are already in a cross format,  and will be in the Grand Cross formation one week later, on 18/8/99  when they were to be in the "fixed signs related to the four  beasts of the Apocalypse". Image from A.T. Mann's Millennium Prophecies, Element, 1992; click on picture for link to A.T. Mann's website.
As Tarot is a rota, and key to Revelation, we apply pi (22 over 7) to Revelation and see how many sevens are in the 22 chapters. There are 52 x 7 in the 22 chapters; 52 x 7 = 364.     In other words, there are 4 seasons of 13  x 7-day weeks in the 52-week year. Using these numbers, we calculate as follows:     
13 (364 + 7 + 4) = 4875
Counting 4875 days on from the grand cross of 18/9/99 takes us to December 21 2012.  

*The Journey Back Home


Posts Tagged ‘Fulcanelli’