2011-12-01

深遠な宇宙の神秘

  今日のカードは
① 星
② 聖杯の4

お昼になっても曇り空で気温が上がらないため、STARの裸んぼ女性と青い背景色プラス銀色の枠がとても寒々しい。

暖かく晴れ渡った南国の空の下でこの2枚を引いたら、きっと爽やかさを感じるのでしょうね。

ベトナム ホーチミンで過ごした2年間で見かけた街の浮浪者達やストリートチルドレンとベトナム戦争障害者達。

彼らに悲壮感があまり漂ってなかったのを思い出しました。

裸でのんびり暮らしていても、上から果物でも降ってきそうに自然の恵み豊だったからなぁと、懐かしくなりました。



STARは宇宙の静寂と、古代人の今より遥かに発達していた文明と叡智を思い起こさせます。

ギザのピラミッド群とスフィンクスがオリオン座
カンボジアのアンコールワット寺院が竜座などの
天体の星座配置と相対的に建造されているとするロバート・ブバルとグラハム・ハンコックの説。

他多くの世界遺産が、天体と、地球上の緯度経度の数的規則性との複雑な関連性から生み出されるエネルギーからパワースポットとなっていることなどを考えさせます。


私達人間ってちっぽけな存在ですよね。


もっともっと神秘的な知識に触れたい!

そう思うともう、楽しくて仕方ありません!


宇宙の懐で、大切に、大切に抱かれてるようで嬉しくなるじゃないですか。

今日も良い1日を〜♥


(追記)

叡智を感じさせる理由は「水」にもありますね。

科学的に証明されているわけではないけれど
水には言葉を記憶する性質があると私は考えています。

地球と人体の7割を占める「水」。

物質も時間も越えて、人々の意識に上る全ての言葉をデータバンクとして蓄えている「水」。

また、繊細でありながら、全てを破壊する力も備える「水」。

母の胎内から命を育み、出産時に大きな役割を果たす「水」。

天下の回りものである貨幣経済も、Cash flow, Currency, Liquid asset...

面白いですよね。。。


聖杯の4も水のエレメントカードなので、思想・感情・直観・夢...に関する事柄。

#3で発展を目指したカードが#4で安定を得る。

木の根元で瞑想をする姿がまるで釈迦の座禅のよう。

木のスピリットの良い影響も受けて、更なる変化(#5)に備えるというところでしょうか。


今晩は夫と近くのお寺へ紅葉のライトアップを鑑賞に行く予定です。

関連づけるとSTARはライトアップの照明のよう。

不死鳥は神社の神輿や
エジプトのツタンカーメンの棺や
聖書の契約の箱を囲むケルビムのようにも見えるわね。

0 件のコメント:

コメントを投稿