2012-01-13

潤滑剤になるもの

        今日のタロットカード
① ワンドの7


<左> Rider Tarot(ライダー・タロット) 
<右> B. O. T. A. Tarot(B. O. T. A. タロット)

同じ「ワンドの7」でも随分印象が違う

左は「出る杭は打たれる」ということわざがすぐに思い浮かぶイメージ

調和関係にある「6」に、異質なものが外部から混入して
脅威感を与える構図

居心地の良い現状を、なんとしてでも継続させたい保守的6だが
高台に立つ人物には物理的優位性があり
排除しようと抵抗する6より僅かな力で対応可能な実情を表している
変化は避けられないのだと理解し、飛躍を恐れず対応すると良い
② ワンドのキング

MBTI性格診断で生まれつきのリーダー ENTJタイプ

ただ、②のような優秀な人物は
目標を設定すると、計画的な戦略を練り上げ
実行するエネルギーも高く
経過途中に発生した問題にも臨機応変に対応する柔軟性がある
頭の回転が早く、行動も素早いので
じっくり型にとっては苦手な相手となる

「気持ちの暖かさや人への配慮は
人間関係の潤滑油で
アイディアを実現する時の助けになる」とあるように

自分より立場の弱い者への配慮を忘れないことが
上に立つ者のキーポイントとなる


こうしてもう1度観ると
右も「安定の4」 & 「発展の3」なので
現状に留まることを良しとせず
変化は必然ということで
結局、同じ結果となる

ただし、「6vs1」と「3vs4」では経過はかなり違いそうだけど

次女の留学説明会や諸事項決定への対応が、非合理的に見えて仕方ないのだけど(実際、同じ説明を日程を変えて繰り返したり、内容も海外経験が全く無い者を対象としているなど、貴重な時間をかなり無駄にさせられた)、イライラして威圧的にならずに話すよう気を付けなければと思う。

出発2週間前だというのにホームステイ先が決まらないのは、エージェントと保護者間のコミュニケーション不足にあると、今更ながら思う(プラス、エージェントと留学先機関とのコミュニケーション不足も如実)。

初めはぎくしゃくしても恐れず、コンタクト回数を増やすことでお互いを理解し信頼関係も深まるということに、もう少し前に気付いていれば良かったと反省。

追記:今日は朝から密な電話連絡をして最終決定に漕ぎ着けた。エージェントを買い被り過ぎていたと今更思う。今後に繋げたい。

取り敢えず、良かった。


スムースなコミュニケーションに感謝する日!

0 件のコメント:

コメントを投稿