2012-02-09

知人の容態<6>

Crystal Visions Tarot

① 星 ② 力 ③ カップのナイト

昨日の追記にも記したように
「星」は問題に直面して八方塞がりな現状でも
苦しみの後には
必ず光が見えてくるという約束

心身共に健康を回復して
霊的な意味でも復活し
人生を再び信じられるようになり
今までとは違う生き方が始まることを示す

苦しみの中でも信念と希望を忘れなければ
事態は好転する

先が見えないとか
必死に頑張っていてもうまくいかないなら
いよいよサポートが得られるようになりますよ
ということ

これは「力」にも表現されていて
ワタリガラスが虎視眈々と獲物の命を狙っているけれど
対処できる決断力と体力、スタミナがあることを示します

このカードが出たら
信念に従う勇気、強い性格、成功するという自信を
支えにできるでしょう

自分の性格のもっと我がままな一面や
マイナスの側面を受け入れることで
様々な面を持つ自分と改めて向かい合い
新たなスタートを切れるようになります

「カップのナイト」は
近い将来、新しいことが起き、何かを提案されるけれど
実際に役立ち、価値があるものなのか
よく考える必要があります

また、恋愛の予感があり
繊細で、理想家で想像力に富んだ人物と
いつの間にか恋に落ちてしまうかも知れません
そのような特徴が自分にあると気付きます

...大方、白衣の天使に心を奪われたりしてるんだろう
まぁ、何にしろ、希望の光が見えるのは良いことだ


④ 女教皇 ⑤ ソードのナイト ⑥ ペンタクルの5
この神秘的で美しい「女教皇」には天使の羽が描かれています
Rider版にはない特徴ですね

...だから、さっきも書いたように
「白衣の天使」がチラチラして
お目々が♥ ♥にでもなってるんでしょう(笑

それはさておき
一般的な女教皇の解説には
足下の三日月型の物体は「月」を示すとされています

私はグラハム・ハンコックやロバート・ブバルの影響で
どう眺めてもピラミッドの「太陽船」にしか観えない

このイシス神が伝えようとしているのは
予期せぬ感情の潮流や荒波に飲まれないよう
自分の魂の矛先を常に
知恵の風を受けて進むように調整し
責任を持って舵取りをしなさいという促し

左手に持つアンク十字架は
エジプトの遺跡や美術品でよく目する



アンク十字架は地平線上の太陽を表し
太陽の恵みとサイクルによって農作物を受け取り
「命」のサイクルが保たれていることを象徴

女教皇を囲むように舞う蝶々の群れは
長いサナギの状態がいつ迄も続くのではなく
美しく羽化して自由に飛び回る姿から
新生を象徴

素敵な動画発見 ♫

Uploaded by  on Aug 7, 2008
綺麗な淡いグリーンの5令幼虫だった
うちの7号くんが7月30日21時羽化しました。
淡い色だったのは、白い花を食べてたせいかな?
動画でわかるように、チョウになった段階では
通常のアゲハくんの色になりました^^
羽化の翌日7月31日の朝に元気に巣立っていきました(^^)

p.s.この動画に登場した「後輩くん」は
家では食料がまかないきれなくなってきたため、
林に生えていた柑橘類の木にお引越しさせてあげました。
できたら家で羽化まで見届けてあげたかったのですが・・・(×_×;)
無事にチョウになってくれてるといいな~。。。
葉をだいぶ食べられたわがやのキンカンの木にも
新芽を成長させるための夏休みを
しばらく与えてあげようと思います^^;

感謝感激♥

「ソードのナイト」
6日にも書いたばかりなので割愛
ペガサス座の画像をペタ

ペガサス座はペルセウス王子を背中に乗せて
アンドロメダ姫を助けだすなど活躍する天馬の姿
上半身しか見えず、下半身は雲にかくれています
ペガサスのつばさの位置にある
4つの星でできている4角形を
ペガサスの四辺形といいます
ペガサス座

こちら「Neko★」さんから借用


「ペンタクルの5」
クリスタル・ヴィジョンズ・タロットのこのカードは
一般的なイメージとはちょっと違って
聖母マリアと幼子イエスを思わせる

TAROT TEACHINGS.com さんから

真ん中の"Morgan Greer Tarot"が近いですね

When the five of pentacles shows up in our readings, 
in some fashion 
we are encountering the darkest before our personal dawn
This card beckons us to screw our courage to the sticking place
and persist in following our anchoring beliefs. 
The card further urges us to bolster ourselves in the midst of 
what's likely to be a tremendously troublesome environment.


とあるように

夜明け前の
人生最大の暗黒の時

これまでの信念を胸に
想像を絶するほど困難な状態であっても
無理にでも勇気を振り絞り出すようにと促している


<癒しの祈り>の浸透について
クリスチャンの頃によく読ませて頂いた
久保有政牧師の『レムナント』誌の記事発見

特に癒しの祈りは時間をかけて執拗に祈り続けることが
とても重要だと思い起こさせます

「イエス・キリスト」の部分は
自分の慣れ親しんだ信仰によって
ハイヤーセルフでも、仏様でも、メーテル(?)でも
当てはめるといいと思います

...クリスチャンから袋だたきに合いそう...

「祈り」については、また改めて書かねばなりませんね


0 件のコメント:

コメントを投稿