2014-11-06

夫とサイクロンとオバマ

弟の結婚式がちょうど
単身赴任現地の連休と重なり
少し長めの一時帰国を予定していた夫だったが


風速195キロという
前代未聞の大型サイクロン上陸で


駐在地の樹々70%根こそぎ倒れる被害

また
国際空港の屋根が完全に破壊され



夫のフラットも
ベランダと部屋に段差がない構造から
リビングに浸水


こりゃ当分、復旧しないし
暴動が起きたら危険と考えての脱出劇

6日早い一時帰国となりました


単身赴任妻として
色々と予定調整せねばならなくなり

フラストMAXで高血圧の夫を
なだめたり すかしたり

そんな中での弟の結婚式だったので
本当に大変でした(汗



ところが、面白いことに

サイクロンの直前
インドのモディ首相訪米の際

オバマは
夫の駐在地含め
インド3都市を今後5ヶ年計画で
ハイテク都市化して
IT 製造・経済の主要都市に新開発
大々的経済支援を約束

その暁には
米国 IT企業誘致を合意したばかり




...またHARRPで気象操作したなと
思ったのは 言うまでもない




撤去作業が急ピッチで進む空港


前例になくよく働く現地人の底力は
オバマ会談合意の追い風だった模様

すっかり瓦礫が片付いた空港


樹々が倒れただけじゃ中途半端だろと
思っていたら

近日中に
またもや巨大サイクロン上陸の予報らしい
......(*_* ;)}}



弟は無事結婚できました〜♥

10月26日大安祝日
明治神宮にて

弟と同い年の素敵なお嫁さんは
無事結婚することができました〜♥

めでたし めでたし〜♫



いやぁ〜、しかしまぢ大変だった

なにが大変って
娘2人の振袖と大量の小物を
しわにならないよう 細心の注意を払いつつ
試行錯誤しながらスーツケースに詰め
宅急便の予期せぬ問題を恐れて
手持ちで上京(夫担当)


式当日は
夫の実家に届いたレンタル留袖も持参し

夫・見物目的の義母・長女・次女と

いざ明治神宮!


神宮正門から客殿までの長い玉砂利道を
スーツケースを引きずるように
転がしたり
抱えたり

やっとの思いで辿り着き


女3人美容室で髪をセット
長襦袢と着物の衿に
素早く半紙が縫い付けられ
2人がかりで着付けるプロ技に感動


その後
荷物をまとめるのに四苦八苦し

写真撮影の時間が迫るのに
スーツのすそ上げピックで
なかなか現れない息子に
ヤキモキ ハラハラ

ついでに
長男な義母も
息子の登場を今か今かと恋いこがれ


外では白人観光客に囲まれ
芸能人気分でポーズをとりまくる
ご機嫌な娘2人
振袖女子2人は目立つし
声をかけやすかった模様



ようやく、一同揃い
神楽殿で両家ご対面 & 挙式手順の説明



いよいよ挙式会場へ

この日結ばれたカップルはなんと23組!


初めて体験する神前挙式でした


こんな感じ(画像を拝借)

祭司2人・巫女2人による神前儀式が
厳かに執り行われ

超神秘的空間に感動

日本人でよかったなぁ〜と
あらためて実感しました


その後
夕暮れ時の中庭でも写真撮影


一同 披露宴会場へ


お決まりのご挨拶の他

20年来世話になっている
父のフルートの先生らによる演奏やら


花嫁の仕事&バンド仲間の
若いイケメン医師らによる弾き語りやら


新郎母の強い勧めにより
花嫁自らも2曲を大熱唱!!

すんごい迫力でした〜〜汗



しかし
大勢のイケメン医師と日々接していても

「やっと好きになれる男性が現れて
良かったわね」と

新婦母に言われたというから
摩訶不思議



「人生なにがあるかわからない!」

「心配しなくてもなるようになる!」

「奇蹟は起きる!」

など

両家親類一同が口々に喜び合いました



めでたし、めでたし!!





追記:
妹は披露宴だけ出席
タクシーで来て参道は杖で歩き
すごく元気そうでした

10.タロット節制 Temperanceと易



14. 節制 Temperance
④③②①

① 39. 水山蹇(すいざんけん)
    ② 63. 水火既済(すいかきせい)
③ 48. 水風井(すいふうせい)
④  5. 水天需(すいてんじゅ)


39. Temporary Obstacles


63. After Completion


48. The Well


5. Patience


9.タロットと易が一致しないカード


④③②①

① 8. 水地比(すいちひ)
      ② 3. 水雷屯(すいらいちゅん)
  ③29. 坎為水(かんいすい)
   ④60. 水沢節(すいたくせつ)


8. Holding Together


3. Difficulty at the Beginning



29. Dangerous Depths


60. Limits and Connections